現代の傾向とは

保険の問題点と解決策について

保険会社が業績を大きく伸ばしていたのは、保険そのものに価値があると同時に、幅広くセールスマンがしらみつぶしに各家を1軒1軒回ったという努力の証でもあります。この方法は、また保険会社も少なく、保険自体があまり浸透していない経済成長期では可能でした。当時であれば新規加入者もたくさん取る事は可能でした。ですが多くの人が保険に入り、それに加え保険会社もたくさん増えた現代では、新しく保険に加入する人を探す方法は、しらみつぶしに歩くか、セールス電話をかける位しか方法がありません。ですが、訪問販売の場合は住宅のセキュリティーや会社のセキュリティが強化されたことで、なかなか玄関までたどり着き話をすることが難しくなってきました。特にマンションは、インターフォン越しに門前払いを受けることも珍しくはありません。

そこで、保険ショップは訪問販売をせずにその保険を必要とする人が自ら保険相談のために保険ショップに赴く方法が流行り始めました。今までは、訪問営業で保険相談を行っていたところが、今度は顧客の方から保険ショップに保険相談をするために訪れるというスタイルに変化してきたのです。保険ショップには30社から40社ほどの保険会社から顧客のライフスタイルにあった保険を選ぶことが可能になります。保険相談に行くときに必要なものは、金銭よりもどのような保険を購入したいのか、どのくらいのお金が準備できるのかということです。保険相談を実際にしてみる場合は、何度相談しても無料になります。その理由は保険ショップが保険会社から保険代理店手数料を支払っているからわざわざ顧客から取る必要もないのです。